近年、下水道管渠工事は普及率の向上とともに幹線から面整備へと移行してきています。そのため、管渠の小口径化が進み、経済性、耐食性、取り扱いの容易さに優れる硬質塩化ビニル管の需要が拡大しました。
 また、過密都市部や旧市街などの狭い場所での施工が増加する中、開削工法は交通の遮断、振動・騒音など周辺住民の生活環境に大きな影響を与えることが懸念されます。
 この様な背景をもとに日本初の泥水式塩ビ管推進機として『ユニコーンDH−ES』は開発されました。
新掘削、排土機構により長距離推進が可能です。  
礫・玉石用カッタを使用する事により破砕可能礫径が大きくなりました。
玉石混じり土での施工実績が約15,000m!

区 分
土 質 区 分
N値
(修正N値)
適用礫率
適用礫径
玉石の一軸圧縮強度
備 考
φ200・250
φ300〜400
A
普通土
粘性土

1≦N≦15

20%程度
呼び径の
1/5程度
普通土用カッタを使用
砂質土
1≦N≦30
B
硬質土
粘性土
15<N≦40
C
砂質土
30<N≦50
D
砂礫土
 
N≦50
30%程度
呼び径の
1/3程度
150MN/m2
以下
200MN/m2
以下
玉石用カッタ
を使用
E
玉石混り土 T
 
50%程度

呼び径の
70%程度

F
玉石混り土 U
 
70%程度
呼び径の
100%程度
G
軟 岩
泥岩 、風化
花崗岩等
(50≦N≦100)
20MN/m2以下
(岩盤強度)
※岩盤の種類による

レーザターゲット及び各種センサの集中監視化と4本の修正ジャッキにより、精度の高い施工管理ができます。
●普通土用カッタ
●礫・玉石用
カッタ

油圧モータの大きなトルクと加圧された泥水により、礫にも強く広範囲な土質に対応。442kNの総推力で、余裕のある施工ができます。

元押装置は直径2mの円形立坑に設置できるコンパクトな設計。分割式の掘進機は1号人孔での回収が可能です。(φ350・φ400は2号人孔)